日曜だけでもOK、薬剤師バイト求人

日曜だけ働ける薬剤師バイト求人を探す

薬剤師不足はまだまだ続くと言われていますので、日曜のみOKの薬剤師バイト求人も見つけやすい状況にありますよ。

特に東京、千葉、埼玉、横浜のような関東エリア、大阪、京都、神戸、兵庫などの関西地方、他にも名古屋、広島、福岡、鹿児島、仙台、札幌など人口の多い都市で探しやすいですね。

薬剤師の雇用形態は正規職員、契約社員、準社員、パート、一派派遣、紹介予定派遣、単発スポット派遣など様々ですが、アルバイトとして働く際も薬剤師資格を活かすことが可能です。

薬剤師バイト求人全体の傾向としては、常勤で出社できる方、長時間働ける方向けの募集の方が多いと思われます。しかし土日のみ、週末祝日のみ、そして日曜だけでもOKのバイト求人も一定数あるんですよね。

時給で考えても2,000円以上、中には2,500円~3,000円で募集されることもあります。以前見つけた薬剤師バイト求人の中には、最大時給4,000円もありました。

そのくらい薬剤師バイトのニーズは高いと言えますが、日曜だけでも高時給で働ければ家計をサポート出来ますし、育児や介護との両立もしやすいのではないでしょうか。

現在、旦那さんの扶養に入っている場合は、扶養の範囲内で働くことも可能かなと思われます。平日全て出勤したり、週3~4日働く場合は扶養の範疇に年収が収まらないケースもありますが、日曜だけなら現実的ですよね。

日曜日のみのアルバイトもOKの薬剤師単発求人を探してみたい場合、

短期・スポットの薬剤師派遣求人に強い【ファルマスタッフ】

単発派遣に強い!薬剤師専門×高時給【ファル・メイト】

正社員・パート・派遣に対応。薬剤師単発派遣にも強い!【ヤクジョブ】

などが探しやすいかと思います。

薬剤師バイトは見つけやすい

知人の薬剤師さんに話を聞いても、年間通してアルバイト求人を見つけやすい状況にあるようです。しかし求人探しの媒体に関しては気を付ける方が良いと思います。

しかも意外と時給が高く、もし今仕事を辞めても食べて行くにはなんとかなるかな、と言うことでした。

もちろん求人への応募にあたっては、色々と知らないといけません。

その理由として、ハローワークやアルバイト情報雑誌、一般的なバイト求人サイトで薬剤師求人を探しても、求人の裏側までは分かりません。

本当に日曜だけでOKなのか、繁忙期は平日もシフトに入らなければならないのか…その辺りは非常に気になる部分ですよね。他に残業の有無もポイントになります。

定時で帰れると思っても、周囲の薬剤師が黙々と残業していれば、バイトでも帰りづらいかもしれません。

薬剤師人材紹介会社を利用することで、その辺りの詳細な情報に関しても教えてもらえると思いますので、まずは気軽に登録してみて下さい。人材紹介会社は無料で活用できますし、リスクなく利用できますよ。

薬剤師バイト求人を見つけやすい人材紹介会社として、以下のリクナビ薬剤師がありますね。

リクナビ薬剤師