薬剤師からMRへ転職する人が増えている?

薬剤師からMRへの転職は増加傾向?

薬剤師からMRへ転職する人が増えているのでしょうか?

製薬会社としても、MR職の薬剤師採用に積極的な企業が多いようです。

MRが取り扱う商品は医薬品ですし、調剤薬局や病院でキャリアを積んだ薬剤師とMRの仕事内容は相性が良い、と認識されているのかもしれません。

MRは高収入・高年収が狙える仕事として人気が高く、製薬会社と薬剤師双方のメリットが重なっているのではないでしょうか。

ただしMRという職業に薬剤師資格は必要ありません。薬剤師免許がなくてもMRとして働く事は可能ですし、完全な実力社会と言えます。

営業力が高いMRは収入も伸びていきますが、営業力に欠ける場合は収入が伸びないどころか、リストラの危険もありますね。そのくらいシビアな世界という認識は必要になるでしょう。

製薬会社への転職理由として見られるのが、「調剤薬局の狭い世界から抜け出したかった」というものです。薬局で働いていると世界が狭く感じる、もっと広い社会で勝負したい…そう考えて転職される方もいますね。

確かにMRの世界は視野が広がると思います。営業先の病院も様々ですし、出張もあれば転勤もあります。そのような世界が向いている方にとっては、仕事へのやり甲斐、充実感を維持できるのではないでしょうか。

MR転職のメリット・デメリット

しかし「隣の芝生は青い」という言葉があるように、どのような職業にもメリット、デメリットはあります。

MRのデメリットとしては、前述したリストラの危険性と共に、プライベートが犠牲になりやすいことですね

昔のように医師との接待は少ないと思いますが、日頃から情報収集を欠かすことが出来ません。医師との会話をスムーズに行うために、医療の知識はもちろん、医師との会話内でさらりと聞いた事柄に関して、仕事終わりや休日に調べる必要もあるでしょう。

その辺りは自主努力になりますが、自主努力が出来なければMRとして収入は伸ばせないかもしれませんね。

あとはコミュニケーション力が必要な仕事なので、人と接することが得意ではない、会話を盛り上げることが苦手な薬剤師さんにとっては、辛い仕事になるのではないでしょうか。

ただし、一見営業に向かない性格でも、高いパフォーマンスを発揮する方もいます。特にMRの場合は他の営業職と異なり、医薬品を取り扱う仕事なので、コミュニケーション力と共に誠実性が大切な仕事と言えますね。

薬剤師からMRへ転職する人が増えているのも、その辺りに原因があるのかもしれません。