薬剤師とMRの給料、年収比較

薬剤師とMRの年収を比較してみました

製薬会社のMRと薬剤師の年収を比較したところ…

というデータが見られました。

給料ベースで考えれば、MRは月給54万円、薬剤師は月給44万円と、約10万円の開きがありますね。

あくまで平均年収・給与相場なので、年代によっても異なります。MRも薬剤師も、20代より30代、30代より40代、40代より50代の方が収入は多くなる傾向にありますね。

上記はボーナス(賞与)も含んだ平均月収ではありますが、データだけで考えると、薬剤師として調剤薬局やドラッグストアで働くよりも、製薬会社のMRに転職した方が収入面のメリットは大きいようです。

しかしMRの仕事は、薬剤師の資格が無くても働くことが出来ます。海外営業や医療機器営業の経験者もいれば、一流の商社で営業マンとして経験を積んだMRもいることでしょう。

薬剤師の免許があれば就職や転職に有利な面はありますが、トップ営業マンと数字を競うことになりますし、平均年収が高い分、リストラの危険もありますね。

日系の製薬メーカーもあれば外資系メーカーもありますが、特に外資の場合、ノルマが達成されなければ即リストラ、成績不振による解雇も充分に考えられます

対して薬剤師の仕事(薬局やドラッグストア)では、閉鎖や倒産以外にリストラされる可能性は少ないと言えます。

薬剤師として大規模な病院や公務員で働く場合はほぼリストラがありませんし、調剤薬局やドラッグストアも、MRほどリストラされる危険性は少ないのではないでしょうか。

それにMRで結果を残すには、コミュニケーション力や対人スキル、会話力も必要になるんですよね。日常的に医師と接して、自社の医薬品の情報を伝えることが仕事ですから、ドクターとの信頼関係を築く必要がありますし、先天的な適性も大切です。

そのため、もしあなたがプレゼンテーション力に自信があり、人間関係をスムーズに築けるタイプでしたら、MRとして働くことで収入アップが可能になるかもしれません。

逆に社交性にあまり自信がない、調剤業務や服薬指導に適性がある場合は、調剤薬局で働いて管理薬剤師を目指すのも一つの方法ですね。

収入だけ見ればMRかもしれませんが、平均年収=誰でも同じ年収、というわけではありません。高年収の人間もいれば、そこまで高くない年収のMRもいますし、総合的に考えて転職を考えるようにしましょう。

まずは人材紹介会社・転職求人サイトへの無料相談から始めると良いですね。