年収600万円以上 薬剤師求人

薬剤師の年代別平均年収

年収600万円以上の薬剤師求人をお探しでしょうか?薬剤師は高給与を得やすい職種ですが、年代によっても平均年収は変わりますね。

20代で年収400万、30代で年収500万、そして年収600万以上は40代、というデータが見られます。

あくまでも平均的な基準なので、30代で年収600万以上の方もいれば、40代で年収400万以下もいるでしょう。その辺りは薬剤師としての技術、経験によっても変わる部分です。それでも『年収600万以上』を一つの目安として、転職を考える方が多いのではないでしょうか。

薬剤師全体の平均年収は約590万円ですから、600万円はワンランク上の年収になりますね。短期間で実現するには、やはり転職が最も現実的かなと思われます。

同じ調剤薬局、病院、ドラッグストアで勤務し続けても、一気に年収を上げるのは難しいですよね。基本的に昇給ペースは緩やかですし、職場によっては昇給もありません。もともとボーナスが支給されていなければ、翌年から急に支給される可能性は低いでしょう。

そう考えると、はじめから高年収で働ける薬剤師求人を探す方が近道ですよ。ただし注意点もあるんですよね。

それぞれ見ていきましょう。

年収の範囲が広すぎる

最初の注意点として、『年収の範囲が広すぎる』があります。たとえば、以下のような薬剤師求人ですね。

【年収350万~650万(経験を考慮)】
【年収400万~700万(スキルを考慮)】

薬剤師求人サイトで『年収600万円』と検索すれば、上記のような案件がヒットするでしょう。上限年収の650万、700万で採用されるには、経験やスキルが必要、ということですね。

しかし自分で経験やスキルに自信があっても、判断するのは採用担当者です。その結果、「年収350万円からスタートです」「最初は年収400万円です」と言われる可能性もゼロではないでしょう。

薬剤師業界は売り手市場ですから、最初から全員を下限年収で採用するケースは少ないとは思います。それでも年収の範囲が広すぎる求人には、一定の注意を払って下さいね。

逆に言うと、

【年収500万円~600万円】
【年収600万円~700万円】

のような求人なら「高年収で採用される可能性が高い」ということです。年収の範囲をチェックポイントの一つとして頂ければと思います。

薬剤師が少ない職場

次に注意したいのは、『薬剤師が少ない職場』ですね。年収600万円の求人には、以下のような職場が含まれているかもしれません。

私の知人(40代女性)も一人薬剤師として働いていましたが、お昼休みも取れないほど忙しいと言っていました。薬局経営者と何度話し合っても、「なんとか我慢して続けてくれ」の一点張りだったそうです。

その薬局は高給与でもなく、年収600万には程遠い職場でしたが、彼女は責任感が強かったため、お客さんの感謝の言葉をモチベーションに仕事を続けていました。しかし結局…倒産したんですよね。

そして現在、彼女は薬剤師が多い調剤薬局で働いています。福利厚生充実&高年収の職場なので「もっと早く転職すれば良かった」と言っていましたね。

上記はレアケースかもしれませんが、高年収の求人の中には、『あまりにも忙しすぎる職場』が混ざっている可能性はありますよ。

たとえ年収600万を超える募集でも、体力的にハードすぎる調剤薬局・ドラッグストアで働き続けるのは難しいと思います。年収と仕事内容が見合っているかどうか? が大切ですよね。

「薬剤師が多ければ多いほど良い」というわけではありませんが、少なすぎる職場には注意して下さい。経費節減で薬剤師を減らしている可能性もありますので。

それが二番目の注意点です。

立地条件が悪い職場

『立地条件が悪い職場』も注意が必要ですね。

薬剤師の平均年収は「都心部より地方の方が高い」というデータが見られます。求人件数で言えば東京や大阪が多いですが、高齢者が多い地方の市町村が高年収で募集するケースがあるんですよね。仕事探しのタイミングによっては、離島の薬剤師求人も見られるでしょう。

そのような市町村の中には、どうしても「地理的な条件が悪い」「立地条件が悪い」ことがあります。

バスや列車を何本も乗り継いだり、駅から遠すぎる職場には注意が必要ですね。最初から受け入れて働くなら良いですが、通勤に時間が掛かりすぎると、それだけで疲労が溜まりますので。

上記は地方の例ですが、東京や神奈川、大阪のような都市でも、立地条件が悪い(通いづらい)職場はあるでしょう。それゆえに「高年収で薬剤師を募集している」ということもありますから、薬剤師紹介会社で相談して下さい。

薬剤師紹介会社の利用がポイント

いまお伝えしたように、年収600万以上で働きやすい求人を探すには、薬剤師紹介会社の利用が大切です。特にサポート体制が充実している紹介会社がおすすめです。

そのような紹介会社なら、コンサルタントに直接相談、電話相談ができますので、「年収600万以上で好条件の求人を探しています」と伝えるだけで、条件にマッチした薬剤師求人を探してくれますよ。

が注意点でしたが、紹介会社を利用することで、避けられる可能性が高くなるんですよね。

と言うのも、薬剤師紹介会社のコンサルタントは、求人の詳細を分かっているからです。実際に調剤薬局に足を運んでいたり、人間関係や雰囲気を把握している紹介会社もありますので、積極的に利用していただければと思います。

その際は『年収600万』以外の条件も伝えると良いですよ。

など、年収条件と共に伝えて下さいね。