病院以外の薬剤師の職場

病院以外でも薬剤師の職場について

病院以外でも薬剤師の職場は多いですね。

メジャーな職場としては調剤薬局とドラッグストアがありますね。

どちらも全国的に求人が多く、薬剤師紹介会社を利用することで好条件・高給与の求人も見つけやすいです。

他には医薬品関連企業があります。製薬会社、卸売業は医薬品の管理が必須なので、薬剤師のニーズも高いと言えます。

医薬品卸会社、物流メーカーの管理薬剤師求人も頻繁に見掛けますし、製薬会社の研究開発職の募集も一定数あるでしょう。研究開発は大学院卒が条件になっていたりと学歴が重視されますが、条件にマッチしていれば応募されてみてはいかがでしょうか?

その他、公務員試験に合格すれば行政機関で薬剤師として働くことも出来ますね。

また、幼稚園や小学校、中学校、高校で働く道もありますよ。求人は多くありませんが、転職求人サイトで募集されることがありますので、新着求人をチェックすると良いですね。

以上が病院以外の職場となりますが、特に薬剤師求人を見つけやすいのが調剤薬局とドラッグストアですね。

調剤薬局から病院への転職は仕事的に慣れるまで時間が掛かると言われていますが、病院からに薬局への転職は容易なケースが多いようです。

臨床の現場を経験している病院薬剤師は、調剤薬局に移っても早期に馴染めるのではないでしょうか(逆に薬局薬剤師のレベルの低さに驚く方もいるようですが…)

逆にOTC販売を行うドラッグストアでは、接客の意識が大切になりますので、慣れるまで時間が掛かることもあるようです

ドラッグストアで扱う商品は医薬品だけでなく、多種多様な生活雑貨も販売されています。そのような商品についての管理責任、店長を兼任する場合はアルバイト・パートスタッフの確保、コスト管理、仕入れの発注もあります。

売上ノルマが厳しい場合がありますので、商売、ビジネスとしての感覚も大切になるのがドラッグストアの薬剤師ですね。

総じて言えるのは、病院以外の職場で働く事により、多様なキャリアが築かれるということです。

病院薬剤師の仕事は多忙ですし、混んでいる時間帯は一息つく暇もないでしょう。

その過程で築かれるキャリアとスキルは薬剤師として魅力的ですが、調剤薬局やドラッグストア、医薬品卸会社、製薬会社で培われる経験もまた、薬剤師としての多様さ、幅広さに繋がるのではないでしょうか。

ぜひ人材紹介会社・求人サイトを利用して、病院以外の薬剤師の求人を探してみて下さいね。